ウーマン

ほくろ治療を始める際には自分に合ったクリニックを選ぶ

  1. ホーム
  2. 治療後の注意

治療後の注意

女性

ほくろを除去したいと思いクリニックで治療した時には気をつけておくことがあります。ほくろは、メラニン色素からできています。ですから、紫外線に当たると色素が濃くなるなどのことが起きるのです。その為、紫外線を当てることは悪影響があると言えるでしょう。しかし、最近では日焼け止めの効果がある化粧品などもあるので使用して除去後に刺激を与えないようにする必要があります。そうすることで、ほくろを除去してから再発する可能性は低くなるでしょう。

ほくろの再発を防ぐために効果的な方法の一つに、UVカットの効果がある化粧品があります。UVカットの化粧品には、SPFという数値が表示されています。この表示は、塗ってから日焼け止めの効果を維持できる時間の目安となるのです。1単位あたり20分程度となるので、SPF40の日焼け止めであれば約13時間効果を持続させることが可能となります。外にいる時間が長い場合ならSPFの数値が高い日焼け止めを利用しましょう。この他には、肌の新陳代謝を上げることも大切です。ほくろは、紫外線の影響でメラニン色素の生成が活発になりほくろが増えます。ですから、紫外線によるほくろを除去するにはメラニン色素を排出するようにしましょう。そうするには、運動や洗顔を欠かさないことが重要となります。このようなことに気をつけるだけで肌の細胞を活発にでき新陳代謝が高まるのです。また、ほくろを悪化させないことも大事になります。ほくろは刺激にも弱いので細胞が傷つくと悪性に変わる可能性もあります。ですから、ほくろがある場合は刺激を与えないようにしましょう。そして、ほくろができればクリニックに行き治療をして下さい。治療はレーザーなどで行うので強い痛みがあることはありません。ほくろは早期発見・早期治療をすれば大事には至る可能性はないと言えるでしょう。