ウーマン

ほくろ治療を始める際には自分に合ったクリニックを選ぶ

  1. ホーム
  2. ほくろは悪性のものがある

ほくろは悪性のものがある

レディ

ほくろには、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは、生まれつきある場合が多いです。また、後天性のほくろは紫外線の刺激や物理的な刺激によって出来るものになります。さらに、女性であれば妊娠や出産によってホルモンの量に影響を受けほくろが増えたり濃くなったりすることが確認されています。また、ほくろは種類によって体に悪影響を与えるものもあるので治療をしないといけない可能性もあるのです。ですから、ほくろのことを知って必要であれば治療をするようにしましょう。

人の肌は紫外線を浴びると、メラノサイトがメラニンを作り出します。その為、メラニンが正常に働いていれば日焼けをしても肌は元の状態に戻ることができます。しかし、メラニンを作る過程でメラノサイトが活発化したり何らかの刺激を受けたりして正常に働かなった時にほくろができるのです。この他にも、ストレスや疲労や生活習慣の乱れによってできることもあります。そして、ほくろを知る上で知っておきたいのがメラノーマの存在です。メラノーマは、見た目はほくろとよく似ているのでほくろのがんとも言われているのです。また、このメラノーマは皮膚がんの一種なので早期の治療が必要とされます。さらに、メラノーマのがん細胞は成長が早くあっという間にほかの組織に転移してしまいます。ですから、メラノーマと診断されればすぐに取り除く治療をする必要があるのです。早期の発見をするために、メラノーマの特徴を把握しておくと良いでしょう。メラノーマは、輪郭がぼやけていたり色にムラがあったりします。この他に、出血するなどのことも特徴とされています。このようなことを知って、早期の発見をして治療を始めるようにしましょう。そうすることで、転移の可能性は低くなり大事に至ることもなくなります。